Top > PMS > PMSは骨盤のゆがみから矯正

PMSは骨盤のゆがみから矯正

自覚症状のない人もいるのですが、月経のある女性の、約80%にいずれかの月経前に不快症状があると言われています。症状が続いている期間は人によって大きな違いがあり、排卵の時期から月経が始まるまで続く人もいれば、月経になる日が近くなってから軽く違和感を覚える人もいるようです。歪みのある骨盤は周囲の血流を悪化させます。

 

 

 

卵巣が機能低下を起こし、ホルモンバランスが崩れ始めます。骨盤のゆがみを矯正するストレッチやバランスボールを使用してみましょう。

歩行や筋肉を伸ばすストレッチなどの体内温度を上げる運動を日課にすると、自律神経が調節されます。

気持ちも上向きになり血流が良くなるのでむくみも楽になります。通常よりも食欲が増したり、いつもより甘いものが食べたくなったりします。月経期間は非常に体力を消耗してしまうので、事前に体が本能的に栄養を多く蓄えなくてはと判断するからです。さらに、いつにも増して甘いものが欲しくなる時には、黄体ホルモンの作用で、糖の代謝に変化が起き、血糖値が下がる傾向にあることによるのではないかと言われています。

 

食事や日々の生活の習慣に目を向けて、できるだけ心と体のバランスを保つようにしましょう。スポーツの習慣を身に付けて、体質改善に労を惜しまず向き合ってみると効果が得られます。

 

 

著しいPMSの症状が人は多くの割合で、大きなストレスを受けていたり、体質になにかしらの原因がみられる傾向にあります。

 

こうした問題の解消に、意識を高めて取り組むことも重要なポイントです。普段とは異なった強い眠気や、逆にいつもでも眠れない、睡眠が浅くなる等の睡眠障害が生じるケースもみられます。

このような状態は黄体ホルモンの働きにより、基礎体温が下がらなくなり、そのまま高い体温が続きやすくなるからです。参考URL→http://xn--pms-5q0fn79k.com/

 

 

そのため、体が目覚めづらくなったり、体温が下がりづらくなるこことで体は睡眠の準備を整えることができなくなり、寝付きにくくなるのです。

PMS

関連エントリー
PMSは骨盤のゆがみから矯正