Top > 現金化 > 換金率を意識して行うクレジットカード現金化について

換金率を意識して行うクレジットカード現金化について

ショッピング枠を利用して現金を得る行為を、クレジットカード現金化といいます。
自分で行う場合にはネット通販や実店舗で換金性の高い商品を購入し、ネットオークションや買取店などで高く売ることがポイントです。
したがって、買取価格が高くなるようにマメな情報収取が必要です。
ただし、自分で行おうとするとカード利用停止になるリスクが高くなるので、確実に現金を得たい場合は業者に依頼した方が良いです。
また、選んだ業者によっては振り込まれる金額が少ない場合があるので、事前の情報収集が大切です。
業者によっては、他店と差をつけることを目的としてキャンペーンを行っている場合があります。新規で利用する人限定だったり、感謝イベントとして毎月特定の日に行われたりします。
ただし、もれなく数万円があたるなど真実味のないキャンペーンには注意した方が良いです。
業者は利用者が支払う手数料から利益を得ているので、例えば購入金額が5万円で換金率が80%のときにもれなく5万円プレゼントとなっていたら、業者にとって大赤字になります。
この場合は業者に入ってくる現金が1万円になりますが、5万円プレゼントすると4万円の損失が出ます。
業者が利益を得るという点では、利用者がクレジットカード現金化を行おうとする金額が高いほど業者の得られる利益は大きくなります。
したがって、購入金額によって換金率が変動することが一般的なので、購入金額によらず一律であると公表している業者は注意した方が良いです。
例えば、クレジットカード現金化でショッピング枠の利用を1万円で申し込むと、換金率は70%程度になります。

ショッピング枠現金化を利用を考えたら:ネオギフト口コミ

現金化

関連エントリー
換金率を意識して行うクレジットカード現金化について